top of page
  • 執筆者の写真Spiritgift8(スピリットギフト8)

家族愛と人類愛



私は、


同じ愛でも、


家族的な絆に


根ざした


愛よりも、


奉仕的精神に


根ざした


愛の方が


はるかに


尊いと


信じている者の


一人です。


奉仕的精神から


発動した


愛の方が


はるかに


偉大です。


自分という


〝一個〟の存在の


心と知性と魂を


〝多数〟の人間の


運命の改善に


役立てようと


するとき、


そこには


その見返りとしての


己れの栄光を


ひとかけらも


望まない


”光り輝く存在” を


引き寄せます。


生きる喜びを


ひとかけらも


味わうことを


許されない


無数の魂の


存在を


地上に


見ているからです。


もしも


皆さんが


霊の目をもって


見ることが


できれば、


宇宙の全次元の


存在の場を


つないでいる


絆を


ごらんに


なることが


できるのですが、


それが


ごらん


いただけないのが


残念です。


それを


ごらんになれば、


地上の


誰一人として


見棄てられたり


取り残されたり


無視されたり


見落されたり


することが


ないこと、


霊的な


つながりが


人間に


知りうるかぎりの


最低界から


人間が


想像しうるかぎりの


最高界まで


連綿として


続いていることを


理解される


ことでしょう。



『シルバー・バーチの霊訓 (7)』


潮文社、1987、

p.110



不安・苦しみ・悲しみ

トラウマから解放されたい方は↓


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page