top of page
  • 執筆者の写真Yoshio Kobayashi

恐れ、悩み、心配の念がいけない


 「遠隔スピリットヒーリングであなたを癒します」事務局のコバチャン本舗です。

 「シルバーバーチの霊訓」から、悩み 心配の念はいけないという話です。


目次


  1. 恐れ、悩み、心配がいけない

  2. 魂の仲間


恐れ、悩み、心配がいけない

   目には見えない私たちの魂の仲間は 私たちの恐怖や悩み、心配の念が作る壁のせいで近づけなくなってしまいます。

 悲しみで涙を流せばその涙で魂の仲間は流れてしまいます。

 私たちが穏やかな心、安らかな気持ち、希望に満ちた明るい気持ちの時は魂の仲間は集まってきます。

 私たちには目には見えない魂の仲間たちがいます。

 その仲間たちはいつも、私たちを導き、助けてくれます。

 そして 私たちの魂の成長の為に力を尽くしてくれていますが、ほとんどの人がそれに気が付いていません。

 決してその魂の仲間たちは私たちを見捨てることはありません。

 いわば愛情の届く距離を半径とした円の範囲内で常に私たちを見守っています。

時には近くもなり、時には遠くもなりますが。決して見捨てることはありません。

 魂の仲間たちはできるだけ私たちの接触を求めていますが、それに対して私たちが気が付きません。

 目に見えるものだけを信じ、物質だけを信じ、お金だけを信じ、、、そんな人がいつの間にか増えてしまいました。

 私たちが魂の仲間たちの存在を信じ、気が付かないと壁ができ、彼らからは何もできません。

 まずは私たちが彼らを受け入れなくてはいけないのです。

 彼らを受け入れることができる人がいます。

 彼らを受け入れることができない人がいます。

 それはともかく 冷静で、穏やかで、明るい心を保つことです。

 それが魂の仲間からの援助を得る唯一の道です。

 恐れ、悩み、心配、こうした念がいちばんいけません。

魂の仲間

   魂の仲間のことを「守護霊」と言ったり、「背後霊」と言ったりしますが、名前のことより、その存在を感じるか、感じないかということの方が重要です。

 はっきり感じれれば、それはそれで良いのですが、はっきりではないけど何となく感じる人もいるでしょう。

 何となく感じた人は、これからはそのことを意識してみてください。

 はっきりと感じることが起きるかもしれません。

 私は魂の仲間にいろいろな場面で助けられているます。

 私はせっかく 魂の仲間の存在をはっきり感じることができたのですから、恐れ、悩み、心配の念で魂の仲間との通路が塞がれることが嫌なのです。

 ですから、恐れ、悩み、心配の念を抱くのをやめる訓練を続けています。



閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page